みなさまこんにちは、キャリアアカデミー社会人校@shakai_academy)です。

大企業と一口で言ってもそれぞれの社風は異なりますし、一概に「大企業=〇〇」と括ることはできません。

しかし、「大企業を辞めたい」と言うと、世間一般から見ると「どうして?!」と思われることが多いでしょう。

程度の差はあれ、本人は大真面目に悩んでいるけれども周囲から反対にあってしまうとどうにもならない状況に陥ってしまいます。

そこで今回は、「大企業を辞めたいと思った時に後悔しない方法!」をご紹介します。

目次

 

1.なぜ大企業を辞めたいと思うのか?

若手社員が大企業を辞めたいと感じる大きな理由は以下の通り、仕事の進め方や人間関係に起因するものが多いと言われています。

辞めたい理由
・尊敬できる先輩社員がいない
・意思決定のスピードが遅い

 

確かに、100年企業と言われる大企業は、もともとの人事制度が「男性・正社員・大卒(かつ日本国籍)」を基準として設計されています。

そのため、まだまだ社員の価値観や仕事の進め方の考え方を見ると偏りを感じてしまうことも多いでしょう。

新卒で入社をしてから1社のみしか経験をせず、年功序列制度のもとでキャリアを築いた先輩社員は、「1つの会社にいるからこそ」の長距離走の走り方を身につけているのです。

しかし、若手社員はまだまだフルマラソンの1kmも走っていない状況です。できるならば早く前へ前へ行きたいと思うけれども周囲からは「そんなに焦るな」と言われてしまう

このもどかしさを、感じないまたはそういうものだととらえられる人もいれば、「もう耐えられない!」と思う人もいるのが実態でしょう。

そして、後者のタイプの人にとっては大企業が向いていないのでは?と考えるループに陥ってしまうのです。

 

2.ところでその不満、言語化できていますか?

大企業で働くことに一度でも疑問を持ってしまうと、仕事へのやる気がどんどんなくなっていってしまいます。

特に現在ではリモートワークを行っている人も多く、誰かに相談することもできないので自分で本やネットの情報を集めて、「やっぱり自分の考えは間違っていないはずだ」と結論付けてしまうケースもあるでしょう。

 

どうしても自分にとって苦痛だと思うプロジェクトがあり、期間が決まっているからなんとかやらなければいけない。

こういう場合には、大企業にいようが他の企業にいようが感じてしまうモチベーションの低下の原因は比較的はっきりしているでしょうし、とにかく行動すればゴールが見えてきます。

しかし、いつまでたっても大企業がつまらないと感じながらも、文句を言ったりいつまでたっても動けなかたりしている自覚がある場合には、「つまらない」の理由を嚙み砕いて言語化させることも有効でしょう。

当たり前のように見えるかもしれませんが、意外と行っていない人が少ないのも事実です

たとえば、「大企業は何もかも遅い!」と考える人は、このようなことを考えてみたことがありますか?

辞める前に考えたいこと
・意思決定スピードが遅いと感じるのはどのようなときか?
・なぜ遅いと自分のモチベーションが下がるのか?
・会社はなぜ意思決定に時間をかけるのか?
・もし自分だったらどうやって仕事を進めるか?
・意思決定スピードが速い理想の状態とは具体的にどのようなものか?

 

1つ1つ自分の考えを言語化させていくと、案外言葉に詰まってしまう瞬間もあるでしょう。

特に、現状に不満はあるけれども、ではどのような状態が理想なのか?と考える際に、勤務年数が短い若手社員は極端に物事を捉えてしまいがちな側面もあります。

具体性のある深堀をしていくことで、自分のもやもやを明らかにできるといいですね。

 

 

上記の記事とは少し異なる手法ですが、モチベーションの考え方は人それぞれです。自分にしっくりくる方法でキャリアを捉えてくださいね

 

 

3.考えるだけではなく行動することも忘れないようにしよう

言語化と同様に大切なことは、実際に行動をしてみることです。

ここからは、どのような方法があるのか考えてみましょう。

①転職エージェントに相談をしてみる

転職エージェントへの登録は、大企業を辞めたいと思ったらまず行う王道の方法でしょう。

転職エージェントから紹介される企業は大企業だけではなく中小企業、特にベンチャー企業の紹介も多いです。特に第二新卒の場合には様々な可能性を示唆してくれるでしょう。

ただし注意する点は、多くの大企業に在籍する若手社員がこんなことを考える、という現実です。

 

 

うちの会社以上にいい会社ってないのかもしれない…

 

 

福利厚生もそこそこ、給与も安定しており、事業も今すぐに潰れるわけではない。

だったらそのまま大企業にいたほうがいいのではないのか?

そして転職エージェントからの連絡をブロックしてしまう・・・という人もゼロではありません。

転職エージェントに相談をするときには、「なぜ大企業を辞めたいのか」「自分の希望は何なのか」の相談だけではなく、紹介される求人に対して具体的に何に違和感を覚えたのか、どのような方向性がいいのか、などの希望とエージェントから言われる現実の擦り合わせを上手に行えるようにしましょう。

 

②社会人インターンシップに参加をしてみる

「大企業を辞めたいからベンチャー企業に行きたい」と考える人も多いですが、ベンチャー企業がどのようなものかイメージができていますか?

「もっと裁量権のある仕事をしたい。社会に役立つことをしたい」と考える人も多いですが、休日を活用してそうした活動をしようと思わないのはなぜでしょうか?

社会人になると、どうしても家と会社の往復になりがちになってしまうため、今の生活にもやもやしているけれども抜け道が見出せない、という状態になってしまっているのかもしれません。

そんな方には社会人インターンシップをおすすめします。週末や仕事終わりの短時間からできるプロジェクトもあるため、様々な発見ができますよ。

こんな気づきを得られます
・自分が得意なことややりたい方向性が見えてきた
・社外の同世代の知り合いができた
・ベンチャー企業の雰囲気を知ることができた
・もし自分だったらどうやって仕事を進めるか?
・意思決定スピードが速い理想の状態とは具体的にどのようなものか?

 

具体的に参加できるサービスはこちらもご参照ください!

 

③就活時代を振り返る

往々にして、社会人になって大企業を辞めたいと考える若手社員は、就職活動をスムーズにこなすことができた人が多いかもしれません。

サークル活動などにも精を出しており、自己PRなども苦労なく、はきはきとコミュニケーションを取ることでいくつもの内定を得られた人もいるでしょう。

だからこそ、入社前と入社後のギャップに人一倍ついていけなくなっていることも否めません。

そこで、働き始めたからこそ見えてきた、就職活動時代に考えていた仕事の軸ややりたいこと、志望動機は、「今」と照らし合わせるとどのような乖離があるのかどうか考えらます。そして、その上で「今」は働く上で何を大切にしたいのかを見直すことができるでしょう。

就活の時に行った適性検査と、働き始めたからこそできる適性検査がありますよ。

 

 

4.社会人校への申し込みについて

今回は、大企業を辞めたいと思った時に後悔しない方法!をご紹介しました。

キャリアアカデミー社会人校は、主に20代の若手社会人にキャリアカウンセリングを行っています。

働き始めて少し余裕が出てくると「人生で大切にすることはなんだろう」という疑問を持つ人が少なくありません。そのような人に誰かと一緒に話せる場所を提供したいと思っています。

20代の社会人の方が持ちやすい悩みとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事について漠然とした不安があるが、上司や同僚には相談がしにくい。
  • 転職に興味があるが、自分にどんなスキルが身についているか分からない。
  • 大手企業に勤めており、両親などからは転職を反対されている。
  • 職場の人間関係に不満がある。
  • 転職のために、履歴書の添削や面接の練習を行ってほしい。
  • フリーランスになろうか悩んでいる。
  • 副業をしてみたい。実際に副業をしている人の話を聞いてみたい。

 

 

カウンセリングに興味を持たれた方は、ぜひ下記より詳細をご確認ください。あなたとお話しできることを講師一同、楽しみにお待ちしております。

 
対象:キャリアについて第三者と話し、次の一歩を踏み出したい社会人

 

カウンセリング内容:初回はひとりひとり異なる個人の状況をお伺いいたします。その後、希望に応じて自己分析の深堀りや次の行動目標を立てるサポートをします

費用:8,000円(1回)※すべてオンラインです