みなさまこんにちは、主に20代若手社会人向けにキャリアカウンセリングを行っているキャリアアカデミー社会人校@shakai_academy)です。

インターネットを使って「仕事 向かない」「仕事 適性」などのキーワード検索をかけると、非常に膨大な量の情報が出てきます。

それだけ、人は自分のことを客観的に知る機会を求めているということを意味しているのではないでしょうか。

そこで本日は、「あなたに向いている仕事はどれ?適性検査を受けてみよう!」についてお話します。

皆さまが今受けるべき適性検査は何なのか?を判断できれば幸いです!

目次

 

1.仕事の向き不向きを考えることは大切

「自分の強みや長所を教えてください」

ーーーー日本で就職活動をした人であれば、就活中にこうした質問に答えた経験があるのではないでしょうか。更に言うと、答えるために、俗にいう「自己分析(自己理解)」を行った記憶があるかもしれません。

働き始めてからも、自己分析を通じて自分の強みを知ることは非常に大切です。

少し専門的な話になりますが、キャリアに関する理論を提唱した海外の専門家たちも、自分のことを知ることがより良く生きていくために重要だと述べています。

キャリア理論上では、3種類の自己理解の方法があると言われています。

①観察する

日常生活を観察して、その人が取る行動特性を把握する方法です。

②面接する

キャリアコンサルティングなどのコミュニケーションを通じて理解をしていく方法です。

③検査する

設問に答えて能力や性格を統計的に分析する方法です。

本日はにフォーカスをしていきます。

 

2.こんなにたくさんある!自分の適性診断方法

それでは早速、気軽に挑戦ができる検査ツールをご紹介します。

 

あくまでもテスト結果は参考資料です。鵜吞みにしすぎたり、すべての事象を当てはめすぎないように注意しましょう

 

①性格検査

まずは性格を診断できると言われるテストです。

内田・クレペリン精神検査

1分ごとに行を変えながら、1桁の足し算を30分間行います。

全体と1分ごとの計算量の変化の仕方から、能力面や性格の特徴を総合的に測定します。

公式サイト:https://www.nsgk.co.jp/uk

 

Y-G性格検査

「内向的か外交的か」「人間関係に関する特性」「情緒の安定」など12の尺度に対して、それぞれ10個の質問(=合計120個)に「はい」「いいえ」「どちらでもない」の3つの選択肢から答えて性格を把握します。

②適性検査

次に、採用や配置などに用いることも多い検査を紹介します。

GATB

自分に向いている職業を見つけてくれる検査で、「紙筆検査」と「器具検査」があります。転職活動などの際にハローワークで受けることが多いです。

図形問題や文字・数字の間違い探しなど脳トレのような検査を通じて、空間把握能力や指先の器用さなどを測定します。

 

③興味検査

最後は興味を知る検査です。

VPI職業興味検査ホランドの六角形)

大学生向けのテストで、160の職業に対して興味の有無をチェックすると、6種類の職業興味と5つの心理傾向を知ることができます。

 

キャリア・インサイト

適性検査だけではなく、職業情報の検索やキャリアプランニングなどを総合的に行えるシステムです。現在はハローワークで受けることができます。

 

④その他

また、キャリアアンカーも、自分が人生で大切にしたいことを知る指標を図るためにぴったりの適性検査と言えるでしょう。

その他にも、「ストレングスファインダー」や「16Personalities」も、自己理解を深めていくために手軽に取り組むことができる書籍やwebサイトです。

 

 

こうした検査は、キャリア支援の場だけではなく、運転免許の教習所での適性検査など様々な場面でも使われています

 

3.診断結果を有効活用しよう!

検査を行ったら、大切なことは丁寧な振り返りです。

思っていた結果と違った、とネガティブな気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

しかし、大切なことは結果からどのような学びを得るかどうかです。自分は何を大切にしているのか、なにができるのか、どんな行動特性があるのかなどを分析した上で職業や働き方を選べるようになることを目指しましょう。

これら以外にも、自分史を書く、すきなことややりたいことを羅列する、「もし〇〇だったら」という物語を書く、など自己分析には様々な方法があります。

ただし、1つの結果だけから「だから自分は〇〇なんだ」と断定をしすぎたり鵜呑みにしすぎたりしないように注意しましょう。

 

 

繰り返しになりますが、結果はあくまでも参考です。そこからどのような道を拓いていくかどうかは、ご自身がご自身の意思で決めてくださいね!

 

 

4.社会人校の申込みについて

今回は、「あなたに向いている仕事はどれ?適性検査を受けてみよう!」をご紹介しました。

キャリアアカデミー社会人校は、主に20代の若手社会人にキャリアカウンセリングを行っています。

働き始めて少し余裕が出てくると「人生で大切にすることはなんだろう」という疑問を持つ人が少なくありません。そのような人に誰かと一緒に話せる場所を提供したいと思っています。

20代の社会人の方が持ちやすい悩みとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事について漠然とした不安があるが、上司や同僚には相談がしにくい。
  • 転職に興味があるが、自分にどんなスキルが身についているか分からない。
  • 大手企業に勤めており、両親などからは転職を反対されている。
  • 職場の人間関係に不満がある。
  • 転職のために、履歴書の添削や面接の練習を行ってほしい。
  • フリーランスになろうか悩んでいる。
  • 副業をしてみたい。実際に副業をしている人の話を聞いてみたい。

 

 

カウンセリングに興味を持たれた方は、ぜひ下記より詳細をご確認ください。あなたとお話しできることを講師一同、楽しみにお待ちしております。

 

対象:キャリアについて第三者と話し、次の一歩を踏み出したい社会人

 

カウンセリング内容:初回はひとりひとり異なる個人の状況をお伺いいたします。その後、希望に応じて自己分析の深堀りや次の行動目標を立てるサポートをします

費用:8,000円(1回)※すべてオンラインです