みなさまこんにちは、主に20代向けにキャリアカウンセリングを行っているキャリアアカデミー社会人校@shakai_academy)です。

キャリアカウンセリングを行っていると、「転職するかどうか迷っています」という話は非常によく耳にします。

そこで本日は、「今すぐ転職するべきかどうか迷うのにはこうした理由があった!【キャリアコンサルタント監修】」について3つお話します。

目次

 

1.人生の転機とストレス【転職の話をする前に!】

引っ越し、部活動への入部、高校受験、初恋、海外旅行ーー 「今考えるとあれは自分にとって転機だった」と思う出来事を挙げようとすると、このような思い出があるのではないでしょうか。

また、会社で働き始めて数年が経ち、「このままでいいのだろうか」と思い転職を視野に入れ始めている状態もまた、「転機」を迎えていると言えるのかもしれません。

キャリアと転機を組み合わせた理論を提唱したシュロスバーグという専門家は、転機には①予期していた転機、②予期していなかった転機、③期待していたけれども起こらなかった転機の3種類があると述べています。

 

異動願いを出していたけれども叶わなかった…

 
 

海外赴任のための試験を受けたけれども落ちてしまった…

 

 

これらは③の事例です。人間にとって③が最もストレスになると言われています

また、転機は、自分の役割や人間関係、考え方などに影響を及ぼします

上記の事例ですと、「異動ができなかった。だから今いる職場で頑張るか転職を考えるか?」「海外にどうしてもいきたい。だから仕事ではなく留学を視野に入れるか?」などを次の選択肢を考えることとなるでしょう。そうなるとこれまでと行動や人間関係を変える必要性も出てくることでしょう。

 

2.物事の終わり→すぐに新しいことは始まらない

どのような転機であれ、それが起きたということは物事の終わりまたは始まりを表しています。

そして、終わりから始まりにたどり着くためには、誰もが「どっちつかずの中途半端な状態」に陥ります

 

自分が今とてももやもやしている状態で焦っているんです…

 
 

人生においてこの「どっちつかずの状態=もやもや」が起きることは「当たり前」です。

しかし、この時期をどれくらい過ごすかどうかには個人差があります。何かが終わったときにすぐに新しい環境に向かって歩みだす人を、世間一般では「切り替え上手」と言いますが、期間が長いからいけないというわけではありません。

 

この「終わり→中途半端な状態→始まり」という転機のサイクルは生きている限り永続的に続くものだからこそ、この「どっちつかずの状態」のときに自らを振り返り、覚悟を決めて新しい「始まり」に踏み込むことが何よりも大切です。

 

3.いきなり「転職」の前に考えたいこと

ここで1つ、具体的な例を見ていきましょう。

Aさんは、新卒で入社をした会社で営業職として4年間働いています。
特に大きな不満もなく仕事に取り組んでいましたが、先日上司から経理部への異動の内示を受けました。
正直なところ、Aさんはその内示に非常に不満でした。
新しい部署でやりたいと思える業務内容が思い浮かばず、まるで昨日まで相思相愛だと思っていた恋人から突然別れを切り出されたかのように、会社への不信感を抱くようになってしまいました。

 

Aさんは今いる部署での役割を「終えた」と言うことができるでしょう。

しかし問題は、それが本人の意思ではなく「予期していなかった」という点です。

まったく気持ちの整理ができないまま、異動先で働く、「迷いのある状態」の期間が始まりました。Aさんは、不本意な転機に対して、これまでのキャリアを捨てて転職も視野に入れ始めているところです。

このような状態でAさんがキャリア相談に来た場合、どのようなカウンセリングを行うことが想像できるでしょうか。もちろん転職をすすめることもできるでしょう。

しかし、Aさんに足りていないことはまず自分の気持ちに向き合うことです。

たとえば具体的に、異動によって「何が終わった」と思っているのでしょうか?

 

状況の変化によって具体的に変わる自分の生活は何でしょうか?

 

 

 

思い切って捨てなければいけないことと維持できるものは何でしょうか?

 

 

 

た、確かに…漠然と「いやだな」という気持ちで思考が停止していました…

 

Aさんの場合、異動することで「インセンティブがもらえないから給料が減るかもしれない」「営業として培ってきたキャリアを認めてもらえなかったのではないか」「決算時期に残業が増えそうだがプライベートも大切にしたい」ということの転機に恐怖心があったとします

そして、こうした感情を明らかにして初めて、異動を受け入れるか転職も視野に入れて転職活動を行うかどうか、という風に「始まり」に向けた行動を決めることができるでしょう。

「終わり」からいきなり何かが「始まる」ことはありません。だからこそ、今自分がどの段階にいるのかを考えることが大切です。「今」転職するかどうか迷っている場合には、自分が「終わり」から「中途半端な時期」に足を踏み入れている証拠です。ぜひ、この時期を丁寧に過ごせるように意識をしてみてください。

 

 

自分の思い込みによる部分もあるかもしれません。くわしくは過去記事「仕事を辞めたい」のはいけないことではない!【その理由と対処法】を参照してください

 

4.社会人校の申込みについて


今回は、「今すぐ転職するべきかどうか迷うのにはこうした理由があった!【キャリアコンサルタント監修】」をご紹介しました。

キャリアアカデミー社会人校は、主に20代の若手社会人にキャリアカウンセリングを行っています。

働き始めて少し余裕が出てくると「人生で大切にすることはなんだろう」という疑問を持つ人が少なくありません。そのような人に誰かと一緒に話せる場所を提供したいと思っています。

20代の社会人の方が持ちやすい悩みとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事について漠然とした不安があるが、上司や同僚には相談がしにくい。
  • 転職に興味があるが、自分にどんなスキルが身についているか分からない。
  • 大手企業に勤めており、両親などからは転職を反対されている。
  • 職場の人間関係に不満がある。
  • 転職のために、履歴書の添削や面接の練習を行ってほしい。
  • フリーランスになろうか悩んでいる。
  • 副業をしてみたい。実際に副業をしている人の話を聞いてみたい。

 

 

カウンセリングに興味を持たれた方は、ぜひ下記より詳細をご確認ください。あなたとお話しできることを講師一同、楽しみにお待ちしております。

 
対象:キャリアについて第三者と話し、次の一歩を踏み出したい社会人

 

カウンセリング内容:初回はひとりひとり異なる個人の状況をお伺いいたします。その後、希望に応じて自己分析の深堀りや次の行動目標を立てるサポートをします

費用:8,000円(1回)※すべてオンラインです