みなさまこんにちは、20代向けキャリアカウンセリングを行っているキャリアアカデミー社会人校@shakai_academy)です。

「キャリアカウンセリングを行っています」と言いますが、具体的にはどんなことをしてくれるのだろうか?

本日は、そのような疑問を持つ方のために、「キャリアコンサルタントに相談をする前に知っておきたいこと」について3つお話します。

 

 

1.キャリア相談を行う人にはたくさんの職業名がある!【キャリアコンサルタントは名称独占資格】

「キャリアについて悩んでいることがあるから誰かに相談をしてみたい」

ーーいざそう思ってインターネットで検索をしてみても、情報が多すぎて困った経験はないでしょうか。その理由の1つに、「キャリア」という領域に関わる仕事の名称が統一されていない点があるかもしれません。

実際、「キャリアアドバイザー」「キャリアカウンセラー」「キャリアコンサルタント」など、「キャリアカウンセリング」に関わっている人の職業には様々な名称がついています。

では、これらの職業名に大きな違いはあるのでしょうか。

大きな違いは、「キャリアコンサルタント」という名前だけは国家資格(2016年より。5年ごとに更新が必要)であり、資格取得のために理論と実技を体系的に学んでいます。

また、キャリアコンサルタントは名称独占資格とされており、資格を持たない人がキャリアコンサルタントと名乗ることはできません。

資格を所有していない人がキャリア支援をすることも可能ですが、その場合には「キャリアコンサルタント」以外の名称を用いたり、他の資格(産業カウンセラーや臨床心理士など)を所有したりしているケースも多いです。

 

2.相談者が主役!【通常の会話と異なる点】

2つ目に押さえておきたいことは、いずれの職業名でカウンセリングを行っても、「相談者が主役である」という立場を大切にしているという点は共通である、という点です。

友達関係において仕事の愚痴を言い合ったり、何かアドバイスをしあったりした経験がある人からすると、「人のキャリア相談に乗る」ことはとても簡単なことのようにも聞こえるかもしれません。

しかし、往々にしていつの間にか下の会話のように、主役が入れ替わってしまうことが多いのではないでしょうか。

 

最近残業が多くて悩んでいるんだよね

 

 

 

私も多いよ!大変だよねー

 

 

Bさんは何時間くらい働いているの?
(私の話を聞いてほしかったのにな…)

 

これが、カウンセリングの場合には次のような流れになります。

 

最近残業が多くて悩んでいるんです

 

 

残業が多いんですか?

 

 

そうなんです、終電で帰る日もあるくらいなんです
(私の話を聞いてくれている!)

2つの会話の違いと、Aさんの気持ちの違いについてイメージができたでしょうか。

このように、あくまでも主役は相談者であることを大切にしながらカウンセリングを進める点が通常の会話とは大きく異なる点と言えるでしょう。

 

3.すぐに答えを与えてくれるわけではない!【カウンセリングにおける人間観】

最後に知っておきたいことは、カウンセリングは「答え」を教えてくれる場所ではないという点です。

キャリアコンサルタントに求められている役割は、相談者が①自己理解を深めるとともに、②仕事や生き方について理解を深めることで、③自分に合ったキャリアを主体的に選択できるように支援をすることです。

そのためには、相談者「自ら」が「自身の潜在的なキャリアの可能性に気づき、視野を広げていくことが必要であり、カウンセラーが最初から「答え」を提示することはほとんどありません。

もちろん、悩んでいる人は何かしら「答え」を欲して相談に訪れる傾向があるので、カウンセリング後に「答えをくれなかった」という感想を漏らす人もいます。

しかし、なぜ明確な答えを与えないかというと、カウンセリングは「人間は本性的に自主性や主体性を持っている」理論に立って行われているからです。

これは、アメリカの経営学者・マクレガーが提唱した理論に基づいています。彼の唱える理論は、労働現場においては常にふたつの人間観が働いており、その人間観が経営に影響を与
えるというものです。ふたつの人間観はそれぞれ「X理論」「Y理論」と名づけられています。

X理論は、人間は本来「自己中心的な怠け者」であると考え、強制力を伴う試練を与えたり「飴と鞭」をふんだんに使ったりすることで人間の行動を促します。

一方、Y理論は人間の自主性や主体性を信頼する考え方で、カウンセリングではこの人間観を基本としています。そのように考えると、答えをすぐに与えてしまうことはあまりいいことではないと言えるでしょう。キャリア相談の場においては、一方的に答えを提示するのではなく、相手の力を引き出すことを大切にしています。

この他にも、人に話を聞いてもらう効果や、友達ではなく第三者を選ぶといい理由はこちらの記事も併せてご参照ください!

4.社会人校の申込みについて


今回は、「キャリアコンサルタントに相談する前に知っておきたいこと3つ!」をご紹介しました。

キャリアアカデミー社会人校は、主に20代の若手社会人にキャリアカウンセリングを行っています。

働き始めて少し余裕が出てくると「人生で大切にすることはなんだろう」という疑問を持つ人が少なくありません。そのような人に誰かと一緒に話せる場所を提供したいと思っています。

20代の社会人の方が持ちやすい悩みとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事について漠然とした不安があるが、上司や同僚には相談がしにくい。
  • 転職に興味があるが、自分にどんなスキルが身についているか分からない。
  • 大手企業に勤めており、両親などからは転職を反対されている。
  • 職場の人間関係に不満がある。
  • 転職のために、履歴書の添削や面接の練習を行ってほしい。
  • フリーランスになろうか悩んでいる。
  • 副業をしてみたい。実際に副業をしている人の話を聞いてみたい。

 

カウンセリングに興味を持たれた方は、ぜひ下記より詳細をご確認ください。あなたとお話しできることを講師一同、楽しみにお待ちしております。

対象:キャリアについて第三者と話し、次の一歩を踏み出したい社会人

カウンセリング内容:初回はひとりひとり異なる個人の状況をお伺いいたします。その後、希望に応じて自己分析の深堀りや次の行動目標を立てるサポートをします

費用:8,000円(1回)※すべてオンラインです